介護施設ナビ

介護施設とは

介護施設とは、介護保険で定められたバリアフリーなどの施設や人員配置といった一定の基準を満たす施設で、入浴ケアや食事補助、排泄補助などの介護サービスを中心に、介護が必要な人が安心して生活できる拠点として行政や特定の民間施設がサービスを提供している施設です。

多種多様な介護施設を、まずは理解しよう

介護施設とは一口に言っても種類は様々。一般的に介護保険3施設と呼ばれる、特別養護施設・老健・新型老健(旧介護療養型老人保健施設)の介護施設に加え、主に民間施設の「有料老人ホーム」やその他多様な介護施設があります。
目的や対象者によって種類が分かれますが、介護サービスを入所しながら受ける為の設備や人員が整っているので、自宅での介護が難しい場合など、各介護施設の特徴を比較して、利用を検討しましょう。

介護施設を理解する

介護施設の種類
主要となる介護施設を一覧で比較しよう。各施設の概要と入所対象などはこちらで確認
介護施設の費用
なにかとわかり難い入所時の費用。介護施設ごとにまちまちな費用を整理しよう。
介護施設の各種相談先
悩みがあったら、まずは電話相談してみよう。自治体や無料で相談できる民間サービスもチェック。
介護施設を探す
全国の介護施設をインターネット検索できる、おすすめサービスをピックアップ。

各介護施設の特徴

介護老人福祉施設(特養)
人気介護施設である「特別養護老人ホーム」って実際どういう施設?
介護老人保健施設(老健)
老健は、介護やリハビリを受けて自立復帰を目的とした介護施設です。
介護療養型老人保健施設
新型老健とも呼ばれる新しい分類の介護施設。
有料老人ホーム(介護付)
一般的な老人ホームと呼ばれる介護施設。介護保険の特定施設の認定を受けていると、「介護付き」と称します。
ケアハウス
軽費老人ホームのうち、特定施設として認定された施設では、介護サービスを受けられます。
養護老人ホーム
経済的事情や精神的・家庭的事情によって家族と同居が難しい人が利用できる自治体の福祉施設。
認知症グループホーム
介護が必要な認知症高齢者が、家庭的な雰囲気の中で、5人から9人で共同生活をする施設

高齢者の絶対数が増加している時代を迎え、医療と介護の連携、とりわけ在宅におけるチーム医療・介護の在り方が注目されています。

特に認知症の方への対応に、チーム体制が重要視されてきている現在、在宅介護における薬の相談相手として、薬剤師のニーズも増えてきています。 介護の現場にも携わることのできるプロの薬剤師を目指すなら、大学 薬学部 情報サイトをご覧ください。

おすすめ介護施設検索サイト

介護施設の相談は地域包括支援センターへ

厚生労働省が指導する、自治体が責任主体とした介護全般の相談窓口や介護予防の取り組みとしてスタートした「地域包括支援センター」は、地域に密着した専門家と相談できる機関です。

介護に関する悩みや困ったことがあれば、まずは地域の地域包括支援センターへご相談ください。

大学 看護学部
薬学部 大学
介護施設のわからなかったことが、スッキリ解決