2.介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設とは?

「老健」とも呼称される当介護施設は、比較的病状の安定している人を対象に、介護や看護、リハビリテーションを受けながら在宅復帰を目指す施設です。

介護老人保健施設には作業療法士や理学療法士なども配置され、リハビリテーションに重きを置いているのが特徴で、病院などの療養生活から自宅での生活に戻る前に個別リハビリや日常生活全般の介護・支援を受ける事ができます。 また、医師も常勤し、ある程度の医療処置にも対応できるようになっていますが、必要な医療処置の内容によっては受け入れてもらえない場合もあるので、施設に直接相談するのが良いでしょう。
最近では特別養護老人ホームの入所待機中に利用する場合も多くあるようです。

介護老人保健施設に入所するには?

施設の入所対象者

要介護1~要介護5までの人で、病状が安定しており、病院での治療や入院の必要はないが、リハビリテーションや介護、看護などを必要とする人。

施設への入所申し込み

施設に直接申し込みします。一般的にはケアマネージャーと相談して、申し込みをしてもらうことが多い。

介護老人福祉施設の費用

費用は介護施設によって異なりますが、標準的な費用の計算例として、下記のように考えられます。
入居一時金などは不要です。

月の費用 = 介護サービス費 + 食費 + 部屋代 + その他

介護サービス費は介護保険が適用され、費用の1割負担となります。
また、利用料金の減免制度を利用すると、年間所得に応じて食費や部屋代の減額が受けられます。
その他の費用には、レクリエーションに使用した材料費や日用品消耗費、理髪費などが施設によって含まれます。

費用の例

名目 介護老人福祉施設 (特別養護老人ホーム)
介護サービス費
(自己負担分月額)
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
ユニット型個室・
準個室
24,480円 25,950円 27,540円 29,160円 30,750円
従来型個室 22,020円 23,490円 25,080円 26,700円 28,290円
多床室 24,390円 25,860円 27,450円 29,070円 30,660円
食費 42,000円/月

部屋代(居住費)

ユニット型個室 6万円/月
ユニット型準個室 5万円/月
従来型個室 5万円/月
多床室 1万円/月

※介護サービス費は施設の種類や、職員と要介護者の割合などによって異なります。

介護老人福祉施設の詳細

施設分類 介護老人保健施設(老健)
利用対象者 自宅復帰を目標とし、リハビリや介護が必要な要介護1から要介護5の方
設置事業者 地方公共団体、社会福祉法人、医療法人など
サービス 自宅で健康で安心できる生活をおくるために、個別リハビリテーションや食事・入浴・排泄等の介護サービスを提供する
費用
入居時 なし
月額 10万円~15万円程度